最新情報NEWS

プロジェクトについて

高知の「施設園芸農業」飛躍的に進化中!

高知県が優位性を持つ施設園芸分野において、現在のオランダの最先端技術を取り入れた「次世代型施設園芸システム」を最新の施設園芸関連機器、IoT・AI技術を利用した営農支援を可能にする「Next次世代型」の施設園芸を農業関係者に普及させます。高知の施設園芸ブランドをより強固にし、農家所得向上につなげるプロジェクトです。

高知県Next次世代施設園芸農業に関する産学官連携協議会が母体となり、評価や検証を行いながら、IoP研究の課題「生産システム・省力化」「高付加価値化」「流通システム・統合管理」を解決するために、専門部会がプロジェクトを推進します。

※IoPとはInternet of Plantsの略、植物のインターネットのことです。
施設園芸の生産現場で天候の環境情報に加えて植物の生育情報(光合成、作物の成長)や収量、収穫時期や農作業などの情報を計測し、植物の情報の「見える化」を図ります。

取り組みについて

産学官(高知大学・高知工科大学・高知県立大学・高知県・産業団体・企業)の連携により、プロジェクトを推進します。施設園芸関連産業群の創出と集積に取り組みながら、施設園芸農業を飛躍的に発展するための研究と人材育成を行います。

研究

全国トップレベルの研究者を招聘し、栽培、出荷、流通までを見通すために、多様な園芸作物の生理・生育情報のAIによる可視化と利活用を実現するIoPの最先端の研究に取り組んでいます。中心研究者がリーダーとなり、作物情報、農作業、環境情報のビックデータの情報収集の研究を行っています。

人材育成

高知県Next次世代型施設園芸農業の普及や活用を広めるためには、Next次世代型について理解を深めた人材が必要です。IoT・AIを活用した施設園芸の学びの機会を創出し、高知県下で、施設園芸人材(知識、技術、指導)を育成します。基礎から最先端まで、学生から社会人や農業従事者まで、学べる知識や立場に応じて様々な学びの場を設けます。

IoPプロジェクトの広報について

IoP事業の取り組みを広く認知させるために研究の内容や成果を共有する広報に取り組んでいます。グローバルな発信を目指して、国内や世界から最先端の研究に取り組む講師を招き講演や事業研究者とのパネルディスカッションを行う国際シンポジウム。参画企業の研究成果を体験できるフェア。プロジェクトの理解を深め、IoPへの興味を創出しています。

プロジェクトの目指す姿

プロジェクトの研究成果を農家に迅速に普及させる団体IoP推進機構(仮称)を設立し、IoPの導入や営農支援を行い施設園芸の一元化した情報の管理を行いプロジェクトの発展を目指します。

  • IoPクラウドの構築・運用
  • 普及指導
  • 施設園芸農業に関連する機器・システムの開発