学生教育

高知大学・高知工科大学・高知県立大学連携による教育プログラム

IoP連携プログラム(大学院特別プログラム)
令和2年度開講予定

高知大学、高知工科大学、高知県立大学の連携のもと、IoP連携プログラム(大学院特別プログラム)を構築し、IoPに関連する各大学専門分野(農学・情報学・健康栄養学)を学びます。


人材育成像
高知県内高等教育機関連携のもと、最先端施設園芸に関わる農学・情報学・健康栄養学の理論と技術を総合的に学び、Next次世代施設園芸産業の諸分野における、生産、技術開発、教育研究、普及指導等で活躍できるリーダー及び起業家を育成する。

IoP教育プログラム(高知の最先端農業~
IoP(Internet of Plants))令和2年度開講予定

高知大学、高知工科大学、高知県立大学の連携のもと、共通教育科目を新設、各専門領域の基礎を学ぶとともに、現地見学や作業体験を交えながら、生産技術や理論を学びます。


到達目標
Next次世代型施設園芸プロジェクトの概要、産学官連携による地域振興の意義と将来展望について理解し、プロジェクトへの強い関心と意欲を醸成する。

社会人教育

基礎的な知識から専門の知識まで施設園芸に必要なプログラムが学べます。

植物の生理を学び、彼らの不思議なストーリーを考え、次世代園芸の栽培・管理技術を身につける。

IoP塾

3人の講師による3つの講座。植物の生きる仕組みや植物生理の基本的知識、土佐の施設野菜の栽培・環境制御技術の基礎を分かりやすく学べます。

人材育成像
Next次世代施設園芸の基礎となる植物学を中心とした理科領域全般を広く学び、園芸産業を科学的に捉えて行動できる生産者、関連企業の技術開発・普及担当者、行政職員、起業家等を育成します。

講座について(2019年)

  • 植物生理等の基礎講座
    作物生産のための植物生理入門

    講師:宮澤譲治
    高知大学IoP事業推進室 特任助教
    専門;作物学
  • そもそも講座
    植物の生きる仕組の疑問となぞ解きをわかりやすく紹介

    講師:尾形凡生
    高知大学農林海洋科学部学部長
    専門;熱帯果樹園芸学、柑橘学、植物科学調節学
  • 実践のための基礎知識講座
    土佐の施設野菜の栽培・環境管理技術の基礎知識を紹介

    講師:前田幸二
    高知大学IoP事業推進室 特任教授
    専門;施設園芸学

土佐FBC(Sコース:研究開発人材育成コース)

高知県の食品産業に競争優位性をもたらす研究開発人材を育成するため、研究開発能力を高め、付加価値の高い事業の創出に繋げます。2年間で、事業戦略の策定からはじまり、研究開発計画、個別指導のもと研究開発をすすめます。

FBCの人材育成像
食品産業の研究開発を担い、食品産業を成長に導く産業人材を養成します。 養成人材は自ら商品開発や分析・管理等に取り組み、実践するスキルと考え方を身に付けていただきます。

受け入れ可能な研究テーマ例

  • ・高知県の伝統野菜の抗老化機能を調べたい
  • ・生鮮食品の栄養成分を分析し、栄養機能表示や栄養強調表示をつけ付加価値を高めたい
  • ・生鮮又は加工食品の機能成分を測定し、機能性表示をつけ付加価値を高めたい
  • ・加工食品に有効成分を一定量入れ、自らシステマティックレビューを行い、付加価値の高い機能性表示食品を創出したい